読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

piantinaの日記

日本のとある教会で弾いてるオルガニストの毒にも薬にもならない戯言

今週のお題「今年買ってよかったもの」―その1服飾、靴編―

今週のお題は「今年買ってよかったもの」なんだそう。

ということで、まずは洋服やバッグ、靴についてちょっと書いてみようと思います。決してアフィリエイトのつもりはありませんのであしからず。

・洋服編


ミニ裏毛マキシスカート (選べる2レングス) 通販 【ニッセン】 スカート ロングスカート

私のような、いい表現なら「ぽっちゃり」「ふくよか」、悪い表現だと「デブ」「メタボ」の体型にもおしゃれなラインナップが豊富でネットからも購入できるnissenさんはamazonさんくらいよく使っています(特に洋服面)。この体型だと普通のお店に行くとまず、「この服が入るか入らないか」に始まり、「確実に入りそう」な服はあきらかに「ちょっとあと10歳は年を取らないと厳しいな~」というような色や柄だったりします。特に選択肢の少ない田舎住まいだと、これまた「若ミセス」向けの服が置いてある店なんて限られているし、さらにはユ○クロだと「これ入るかな~」になってしまうのです。また、基本的に洋服は無地、せいぜい許せてボーダーやストライプくらいなのが私の基本的なテイストです(たまに冬場だとノルディック柄とか着てたりしますが)。

で、本当は年間でベスト!と思った黒のシフォンのマキシスカートは探してもリンクがなく、写真を撮ってもいいのだけど今度は肝心のスマホauURBANO L03)が壊れているので写真が撮れず。この黒のシフォンのマキシスカートは主に「人前で何かを演奏する」にはもってこいで、ウエストゴムところさえ見えなければ、黒のブラウスなどを着てヴァイオリンでも持てばなんだかオーケストラの人のようになります。白のブラウスだとまるで合唱団の人のようになれます。もちろん黒でもっとおしゃれなブラウスなどのトップスなんかを着ればピアノの発表会にも着れないわけではありません。カジュアルっぽいラインのところにありましたが、ちょっとフォーマルな感じのところでも組み合わせ次第で十分通用するかと思います。
ということで「活躍度はもしかしてNo.1かも?」というところでこのリンクの「ミニ裏毛マキシスカート 黒」にさせていただきました。

冬場でも温かいレギンスや靴下、さらにはおなかとお尻にカイロを貼っていれば十分に着れますし、おそらく夏場は汗を吸い取ってくれるし、黒でシンプルなデザインなので普段礼拝でオルガンを弾くにもちょうどいいくらいです。ただちょっとタイトなのであくまでリードオルガン弾く用かな。でも普段主婦業やるにはちょうどいいです。値段もリーズナブル。これは助かります。

・靴編


履き口ギャザーシンプルカジュアルパンプス(ワイズ4E)(日本製) 通販 【ニッセン】 婦人靴・靴(シューズ) パンプス パンプス ラウンドトゥ

またまた同じくnissenさんのです。
90年代リバイバルでどうやら厚底(ウェッジソール)が流行っているようですが、リアルタイムでそういう手の靴やブーツとか履いていた人間としては、「若い子に任せた!」という感じで、もっとダッシュできたりラクに歩けたり、歩いても疲れない靴がいいと思ってしまうのです。また車の運転が必須になってくる地域なので「ちゃんとブレーキペダルが踏める」ということも、さらには「ピアノのペダルを踏める」ということも靴に求める条件です(厳しい?)。でもスニーカーやウォーキングシューズではちょっとという時にこういう「かわいい靴」が一番なのです。

値段も普通に買うより安いし(たぶん普通に買うと5000円は行くかと)、さらに色のラインナップも豊富。しかもおデブになったらなんだか足のサイズが0.5大きくなってしまって(せいぜい大きくなるなら手のほうがよかったのに…)以前履いていたのがきつくなったり底が壊れて履けなくなったりしたのでこの靴にたどり着きました。

私が買ったのは黒なのですが、これまたお葬式の手伝いからちょっとしたおでかけまで履けるし、一応車の運転もできないわけではありませんがあまりスピードを出さないで5分程度の運転くらいなら大丈夫でしょう。

 

一応服飾関係の「今年買ってよかったもの」はこんな感じです。