読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

piantinaの日記

日本のとある教会で弾いてるオルガニストの毒にも薬にもならない戯言

ブログの更新を休んで(?)鉄欠乏地獄へ行ってきた件

みなさんこんばんは。
しばらく更新をお休みしていまして、ご無沙汰しております。

f:id:mayflower81:20150414200231j:plain

※私ではありません。写真素材です。でもめまいがしたり頭痛がありました。

 

タイトルにあるように、しばらく「鉄欠乏性貧血」でほぼ1週間使い物にならない状態でした。とてもとてもブログを書いて更新するほどの元気も思考力もありませんでした。なによりもここのところ寒かったり雨が降ってばかりだったりで体調を崩している方も多いかと思いますが、どうぞお気をつけてください。

 

 

なぜ、「鉄欠乏地獄」と言っているのかは、鉄欠乏性貧血というのは成人女性ならば比較的誰でもなりやすい貧血でもあり、そのほか妊婦さんもなりやすいといわれています(だから「妊娠中は鉄分と葉酸を取りましょう!」と言われるのはそのためかも)。そのほか婦人科系の疾患(子宮筋腫子宮内膜症など)がある人も注意が必要です。私自身は小さな筋腫がありますが(医者からはほっといても大丈夫と言われました)、あとは母親も貧血体質だったのでおそらく遺伝的なものもあるかもしれません。

 

 

そんなわけで「鉄分なんちゃら」とあるもの(ウエハースとか栄養系ドリンクなど)をとりあえず買ってきては食べたり飲んだりしてみると、スーっと身体に入っていくような感覚があって、ちょっとそのときだけ元気が出てきたような気がしました(気だけでしたが…)。「あ、なんか、身体が欲していたかも?」みたいに感じましたので、まさに鉄欠乏性貧血だったんだなと思いました。

 

 

あと、お茶、コーヒーの類は鉄分吸収を妨げるそうなので、たまたまあった「ミロ」が大活躍。コーヒーのかわりにミロを飲んでいました。ミロは鉄分もカルシウムも含んでいますので、なにも育ち盛りの子どもが飲むものでもなく、案外大人が飲んでもいいかもしれません。おかげでいつもよりミロの減りが早くなりました(笑)

 

 

しかし、「鉄分が欠乏しているなら食べ物で解決すればいいじゃない!?」と思われそうですが、けっこうこれがしんどいときもあります。目は食べたくても(食べなきゃと思っていても)、案外「食べる行為」そのものすらきついときがあるのです。たくさん食べればいいってもんでもなくて、「ああカロリーメイトとか手軽に栄養が取れる食品ってやっぱりあると便利だなー」と思えてしまいます。点滴ってわけじゃなくても、「コレだけで必要な栄養が取れる!」という食べ物とか飲み物(?)みたいなのがあればなぁと思ってしまいました。

 

 

そういえば、めいちゃんの看病のドタバタでサボっていた「マルチビタミン&ミネラル」のサプリ、アレまだ残っているし、やっぱり飲んだほうがいいかな…。