読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

piantinaの日記

日本のとある教会で弾いてるオルガニストの毒にも薬にもならない戯言

実家に帰っていました。

みなさんこんばんは。Piantinaです。
しばらくご無沙汰してしまいました。

 

4月の23日~25日まで実家に帰っていました。

 

mayflower81.hatenablog.com

 実家に帰っているのは別に特段夫と激しいケンカをしたとか、そういうわけではありません。たまたま発達障害(疑いを含む)の配偶者の自助グループの集まり(わかちあいの場)とピアノとその自助グループの主催する講演会と、いちいち高速バスに乗って家に帰っていたら莫大な交通費がかかる用事が集中したので、そうしていました。

 

 

1往復で5000円と考えると単純計算で3日で15000円もかかってしまいます!1万5000円といったら、我が家の3週間分の食費くらいの額が片道2時間のバス代に消えていきますし、毎日家と往復しているとそれはそれで体力を消耗してしまいます。

 

 

この3日間は本当にのんびり、マイペースに過ごしていました。
なにより、朝早く起きて(というか起こされて)猫に餌をやったり、朝ごはんの支度をしなくていいというのが何より快適でした。まぁ、ホテルに泊まっても同じなのですが、ホテルだと宿泊代がかかってしまうので、実家です。しかも実の親ですので気心が知れているので「だいたいこんな感じ~」というざっくりとした感じで母にまかせていても大丈夫です。

 

両親も年齢的な不調(血圧が上がったりだとかひざや腰が痛いとか)はありつつも、入院するほどの大病もしていませんので、あまり普段は心配せずにいます。ただ、私が結婚する前よりかはやはり「ああ年を取ってしまったな」と思うところはあって、「今は遠方にいるけれども、もっと年齢が上がってきたら頻繁に顔を見せないといけないかな」とか思ってしまいました。姉は仕事を持っていますので、もし何かがあったら普段仕事をしていない私が親の身の回りのことをしなくてはならないでしょう。

 

 

詳しいことなどはまた後ほど改めて記事にしたいと思っていますが、こうやって「ストレスの元から離れる」ことがカサンドラ症候群には必要なことのようです。ちょっと早い「ゴールデンウィークの主婦休み」をしてきました、ということで、昨日からまたいつものように主婦業に戻りました。。