読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

piantinaの日記

日本のとある教会で弾いてるオルガニストの毒にも薬にもならない戯言

猛暑なのに靴下6枚に増やしたけど、全然快適な件。

日記 冷えとり レポート系
 
 
みなさんこんばんは、Piantinaです。

相変わらず暑い日が続いています。暦の上では秋、もう冷えとり的には消化器の毒出しの季節から肺・大腸の毒出しの季節になりました。

 

 

昨日やっと、前々から「今度冷えとり靴下セットを買うなら、Lサイズで(可能ならば)ゴムなしのセットを買おう」と思っていて、やっと購入したゴムなしタイプの6枚セットの靴下(ゴムなし)が届きました。

 

mayflower81.hatenablog.com 

 

mayflower81.hatenablog.com 

今月の終わりに北海道に行く予定で、気温を調べてみると平均気温としては東京より5度~10度低いことがわかりました。おそらく朝晩なんかは今現在の「ド真夏」な格好ではさぞかし「冷える」ことは容易に想像できます。「こりゃ秋を先取りしないといけないな」ということで真夏の猛暑だというのに「ガッツリ冷えとり」な「おやすみ靴下6枚セット」を迷いなく購入しました。お値段ざっくり5900円也。

さっそく届いた靴下を履いてみました。f:id:mayflower81:20150811191549j:image

6枚すべてを並べてみました。右から順に履いていきます。

f:id:mayflower81:20150811191910j:image
1枚目の絹の5本指靴下です。指はかなり余裕があります。
f:id:mayflower81:20150811191933j:image
2枚目のウールの5本指靴下を重ねました。これでかなりフィットしました。でもきつくありません。程よい感じ。
f:id:mayflower81:20150811191947j:image
3枚目の絹の先丸靴下です。いつもは4枚なのでこの上にカバーソックスをはくのが普通です。
f:id:mayflower81:20150811192006j:image
4枚目(ウール先丸)、5枚目(絹先丸)は画像を割愛して、一番外側のカバーソックスまで重ねた状態(6枚)です。
f:id:mayflower81:20150811192016j:image
カバーソックスをこれまではいていたリネンと綿スラブの靴下にしてみました。Mでも大きめのカバーソックスなので中に履いている靴下がLサイズでも余裕です。

 

 

やはり、私が靴下をついつい暑さに負けて(?)脱いでしまうのは靴下そのもののサイズがきついのが原因だったようです。Lサイズのゴムなしだと暑くても快適!(今日も家のベランダは昼ごろは34度まで上がりました)特に足首の締め付け感がありません!さぞかしゆるゆるだろうと思っていましたが、ちっともそんな感じがしません。「おやすみ」と銘打ってありますが、普通に起きてるときでも履いてしまいそうですし、おそらくヘビロテになりそうな予感。洗いがえでもう1セット購入予定!?

 

 

おそらく足のサイズ的には私の足はやはり24センチなので数字だけだと「Mサイズでもいけるじゃん」という感じなのですが、足の形がいわゆるギリシャ型で足指が長いのでMサイズだと特に2枚目のウールの5本指がちょっときつく感じるんですよね…。思い切ってLサイズ、それもゴムなしを選んで正解でした。値段はちょっと張りますが、すべて天然素材で、履き心地のよさを考えたら値段相応、いや、それ以上の履き心地。

 

 

冷えとりってなんだか快適じゃん、と思えてきます。いや、そもそも半身浴だって食べ過ぎないことだって身体にとっては快適なことで、当たり前のことをしているはずなんですが、やはりついつい「冷えること」をしてしまうのはまだまだ身体が「毒素だらけ」なのかもしれませんね。

 

 

でも出かけるときはたとえどんなに外が暑くても「お守り」のように靴下を履く不思議。特にスーパーに行くと、いくら節電といっていても多聞にもれず生鮮食品の売り場は商品を冷やしている関係で寒いですし、足が冷えて体調が悪くなると思うと「やっぱ履いてこ!」となるのです。