読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

piantinaの日記

日本のとある教会で弾いてるオルガニストの毒にも薬にもならない戯言

洋服のジレンマ―違和感をどうするか―

みなさんこんにちは、Piantinaです。
寒くなってきて、いよいよ厚手のものを出さないといけなくなりました。
そんなわけで冬物を着ようとするのですが、なんとなく違和感が出てきてしまっています。

f:id:mayflower81:20151103141702j:plain

別段、サイズが合わないとかというわけでもない。

 

別段着古してしまってボロボロになったり汚れてしまったりというわけでもない。

 

 

だけども、何か、「自分となんとなく合わない」気がどうしてもしてしまって、近々教会のバザーもあるのでそういうものはバザーに出品しようかと思っています。本当ならばあとは通販で購入してしまって「ちょっと買って失敗したかも?」というものも出品してしまいたいのですが、さすがにそこまでやると普段着るものがなくなってしまうので悩みは深まるばかりです。

 

 

う~ん、1等までもいかなくてもそこそこのところの宝くじとか当たれば「よっしゃ!下着も含めてぜ~んぶ買い替えだ!」といけるわけなのですが、さすがにそんなに世の中巧くできてるわけでもなんでもないので、ジレンマだらけになっています。まぁそのジレンマが別に嫌かというとそういうわけでもなくて「どれにしようかな」とアレコレ悩んでいる時間のほうが案外楽しいのが買い物なのではないかと思います。

 

 

去年は厚手のマキシスカートを買っていたのですが、どれもシルエットがタイトな感じのもので、なんとなく今の自分にはもうちょっとフレアな感じかいっそハーフパンツやガウチョパンツ的な感じのがいいなぁという気分になってきています。もちろん普段着としてはまったく使えなくないわけでもないのですが、なんとなく違和感が出てきたなぁという感じです。

 

 

服に違和感を覚えるというのはもしかすると「ちょっと年を取ってきた」証拠なのかもしれない、と思うとちょっとぞっとするのですが、こういった違和感を何年かごとに感じるようになって年老いていく方向に行ってしまうんだなぁと思うとそれもそれで「ああ…」と思えてきます。

 

 

色も以前は「黒!」という感じできていましたが、グレーや紺のほうがいいかなとも思えてくるようになりました。もっともっと年を取るとたぶんそれすら重いと感じるようになってピンクや赤なんかに移行していくのかもしれません(まぁ高齢女性のピンクやパステル系は逆に顔色を良くさせるような気がするので敢えて痛い感じにはならない不思議)。

 

 

まぁ服だらけだったので、そうやって「違和感」を感じるような服はどんどんバザーなり人にあげるなりしていくのはもちろん部屋が片付いていいことばかりではありますが、問題は「変わってしまった自分」に合う服をまた探して買わないといけない経済問題のほうが深刻だったりします。あと1ヶ月、ボーナスが出るまでのガマンか……。