読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

piantinaの日記

日本のとある教会で弾いてるオルガニストの毒にも薬にもならない戯言

来年からは「完全防寒女子高生」が流行り出す!?

日記 冷えとり 健康 思ったこと

みなさんこんにちは、Piantinaです。
こんな記事を見かけました。

kai-you.net

news.nicovideo.jp

(記事の内容は同じです)

 

この「究極の選択」で圧倒的支持を受けていたのが「完全防寒JK」だったそうです。
「時代は変わったもんだなー」と思いました。「身体を冷やすのはよくない」とかそういう意見が多かったです。まぁ、大学の受験会場に制服で来ている子とかもいなくはないですが、制服でなくて私服で行きました。当然パンツスタイルでしたが(寒いので)。

 

 


というのも、私はルーズソックスが流行った世代なので、スカート丈が長い足元が重く見えすぎて「ダサい」という時代でした。スカート丈が長いのは校則で「スカートは地面から○センチ」と校門で先生が定規をもって立ってチェックするような感じの学校の子かおしゃれ意識が低い子くらいしかいませんでした。まぁ厳密にいうと「ルーズソックス」と「紺のハイソックス」の両方が混在していたという感じでしたが。

 

 

 

ちなみに今思うと「ルーズソックス」ってなかなかよくできた靴下(?)で、靴下そのものは実は結構分厚いし、さらにはくしゅくしゅっとするあたりはレッグウォーマーのようなものでしたので、まぁ靴下にレッグウォーマーを重ねるよりはなんとなく一石二鳥的な感じでした。

 

 

 

ただ、このイラストを見て思うのは制服にはブーツって、北国や雪国の学校だと長靴だとか履くだろうからありだけど、関東だとローファーとかスニーカーしか下駄箱に入れられないし、ブーツ(ムートンブーツのことかと思います)を履いている近頃の学校は下足OKなのかなぁ?と思いました。まぁ私の高校は自由すぎたので、上履きのまま中庭に出るとかありましたけど(笑)靴のまま上がるというのはなぜかありませんでしたが。

 

 

 

イラストの右の「完全防寒JK」にちょっと加えるなら、ブーツでなくて、「厚手靴下とバレリーナのようなレッグウォーマー」のほうがリアルかなぁと思いました。今日日おそらくレッグウォーマーならしま○らやユ○クロで温かいのが安く買えますからね(化繊だけどそこはあえて突っ込まない)。

 

 

ただ、足元を冷やさないのは大事だけれども、「冷えとりファッション」ならば下は靴下とレギンス重ねてさらにウールのレッグウォーマーの「足元完全ガチ固め」で結構ですが上は薄着というのが大原則。頭寒足熱ですからね。ただ、「完全防寒JK」が支持されるというのは「美容と健康がワンセットになっただけでなく機能性(健康)とファッションが対立しなくなった」ということでしょうかね?いい流れだと思います。