読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

piantinaの日記

日本のとある教会で弾いてるオルガニストの毒にも薬にもならない戯言

腹巻兼キャミソールの優れもの―お気に入りの一着―

みなさんこんにちは、Piantinaです。
今週のお題「お気に入りの一着」とありましたので、これは「書けるお題だし、書かなきゃ!」と思い、記事編集画面にしてみたものの……「どうしよう、あれもこれもお気に入りがありすぎる……」となってしまいました。冷えとりを始めたら、どちらかというと「外側に着る服」よりも「インナー、靴下」方面に明らかにお金を費やしてしまっています。

 

 

 

しかも、どれもこれもお気に入りなので、1つに絞ろうと思うと「レギンスも捨てがたい、キャミも捨てがたい、靴下やレッグウォーマーも捨てがたい」となってしまってなかなか決められなくなってしまいました。…が!「一着」とあるわけですから、あえて1つに絞らせていただきます!

5hon-yubi.net

結局肌着なわけですが、今となっては寝てるときも起きているときもこのマリーコットンシルクキャミをつけています。「キャミ」と銘打っていますが、私の中では「ずれない腹巻」でもあって、ことさら冷えておなかを下すことが多い私には「強い味方」のような存在です。見た目はキャミソールというよりはタンクトップに近い形ですが。

 

 

この素材を知ったのはこれまた履いた瞬間体の一部になってしまうエルダーのフリーボトムスを履いた時にウエスト部分にこのマリーの生地が使われていて、すっかりほれ込んでしまったというのがきっかけでした。ちなみにコットン73%、絹25%、ポリウレタン2%という割合で編まれています。肌に触れる部分にはポリウレタンが出ないようになっています。

 

 

届くときはかなり小さくて、「ええっ!?これ私着れるんだろうか…?」と思うのですが、これが気持ちよ~く伸びて、締め付け感ゼロ!しかもふんわりした素材が時には温かく、天然素材だけあって優しい着心地。それでいて汗もよく吸ってくれます。むしろブラトップのほうの締め付けのほうが気になるくらいでしょうか。どうやら元々はロングサイズの腹巻だったものに切れ目を付けて肩ひも部分をつけたのがこのキャミなのです。丈もお尻までありますので、すっぽりあたたかです。

 

 

腹巻を買ってもよかったのですが、やっぱり「ズレる」という問題がありまして、「値段が100円しか変わらないならいいかな」という気持ちでポチり。ちなみにマリーコットンシルク腹巻は864円(税込)、マリーコットンシルク腹巻ロングサイズは1520円(税込)、マリーコットンシルクキャミは1620円(税込)です。キャミと考えると少々お高い?けれど、天然のシルクやオーガニックコットンをふんだんに使った冷えとりグッズの相場からすればリーズナブルな部類です。

 

 

たまに他店の商品の値段を見ると「うわ~品質としてはいいものなんだろうけど、丈夫そうなんだろうけど…高い!」と思ってなかなか手が出ません。しかもデフレ経済&ファストファッションの値段感覚に慣れきってしまっていると余計に「うわ~高級品じゃん…」としか思えません。

 

 

まぁ働いていて自分の収入があればあれこれ悩まずにもっと高い値段の冷えとりグッズを買えますが、さすがに主婦には厳しいものが。ただ、シルクふぁみりぃさんの値段設定は「子育て中の主婦が買える値段」を基本としていて、儲けは度外視で考えられているので、そこは本当に助かります。まぁ、あとは節約を頑張るしかないですね。

 

 

先日、洗い替えと穴あき、そしてそろそろ飛んでくるであろう花粉に備えて、またしても散財してしまったわけですが、「あと一つ何か買えば1万円でプレゼントをもらえる…」と思ってしまって、選んだのがこのマリーコットンシルクキャミの生成色でした。もともと持っていたのは黒でしたが、元々はこの生成色のほうが欲しかったのです(たまたまその時は生成色が売り切れ状態になっていたので、黒にしたのです)。たまたま生成色が今回はあったので「これで!」とポチり。見事1万円以上の額になったのでプレゼントを選ばせていただきました。

 

 

襟の開いている服を着るとちょっとこの肩紐がちらりとコンニチワしてしまうのですが、まぁ生成なら肌になじんだ色ですし、黒ならあえて「おしゃれ」な感じ?を演出できたりします。まぁ、気になるんならもうちょっと襟の詰まったものを着ればいいわけで。

 

 

もちろん小柄な人でも着ることができるのですが、私のような「中年太りが治らない」「年中妊婦と間違えられる」人間でも着ることができますので、かなりおなかの大きい妊婦さんも着られるはず!かなり伸びますので。むしろ元の化繊のものやしめつけのあるものに戻るのが不可能になってしまうかも?

 

 

ちなみに、もうすぐ夫の誕生日ですが、夫(これまたよく食べるのにおなかが弱い)にもこの素材の「腹巻」バージョンのほうと何かの靴下をプレゼントしようかな~と考え中です。決して冷えとりを勧めるわけでもないですが(興味がないのに勧めても意味がないと思っていますので)。