読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

piantinaの日記

日本のとある教会で弾いてるオルガニストの毒にも薬にもならない戯言

いよいよ明日はバレンタインデー

みなさんこんばんは、Piantinaです。
今週のお題「バレンタインデー」ということで、バレンタインデーについて思うことを書いていきたいと思います。

f:id:mayflower81:20160213180032j:plain

どうやら日本で一番チョコレートが売れる時期というのはこのバレンタインデー前なんだそうです。まぁ、バレンタインデーでなくてもチョコレート好きというのはいるもので、この私もチョコレートは好きなほうです。

 

 

チョコは手作りか買ったものか

まぁ私も30年以上は生きていますので、このバレンタインデーにまったく思い出がないというわけではありません。むしろ思い返してみれば「あ、あぁ、あったなぁ」という感じで思い出せます。チョコを渡した思い出もありますし、同性同士で交換したりなんてこともありました。

 

 

まぁ、学校も割とこの日ばかりはチョコレートをもってきていてもうるさく言わない空気がすでにあったと思います。私はずっと共学の学校に通っていたので、男子校とか女子校とかのバレンタインデーの様子というのは未知の世界なのですが、普通にクラスの男子に義理チョコを配る女子というのはいました。まぁ、だんだん年齢が上がると友達同士でチョコレートを食べたり、それぞれ意中の(?)人に渡した報告をしあったり。

 

 

振り返ってみるとチョコを手作りしたこともあったかと思いますが、圧倒的に「買っている」ほうが多いかなと思います。まぁ今では「人が手作りしたものが食べられない」という人もいるくらいですから、衛生面なども考えたら「買ったもの」のほうがいいかもしれませんね。

 

 

今となっては「作っている時間がない!そんな暇があるならおかずの一品でも常備菜のひとつでも作らなきゃ!!」レベルですので、今年も買ってきたチョコでした。まぁ夫は甘いもの大好き、お菓子大好きなので(義父が大の甘党でその血を引いている)何のチョコレートでもお菓子でもバクバク食べてしまいますが。

 

 

むしろ私が「女子の胃袋」量で作った食事が足りないとお菓子を食べたり(いつまでも身体は20代じゃないんだから年相応に食べる量を加減すればいいのにと思いますがそれができない)、食事が出来上がるまで待てないとお菓子を食べてしまうレベルです。まぁ食べる量が加減できないのはアスペルガー由来のものなのか、そもそも彼の胃袋がでかいのかはいまだに謎です……。

 

 

まぁ、どうやら日本以外の国では「恋人たちを守った聖人・聖ヴァレンティヌスの日」ということで女性から男性へということでなくて、男性からも花束やプレゼントを贈ったりしているそうです。中にはこの日にプロポーズする人も!まぁチョコレートをあげるというのはおそらくこれはお菓子メーカーの陰謀で、別にどっちがあげても、そして友達同士や身内同士で楽しくチョコレートをこの日ばかりはあれこれ気にせず食べる、という日でもいいのではないでしょうか?