読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

piantinaの日記

日本のとある教会で弾いてるオルガニストの毒にも薬にもならない戯言

やっとやっと私でも着られそうなナチュラル系の洋服のお店を見つけました。

みなさんこんにちは、Piantinaです。
あまりファッションの話をあまりしない(?)私ですが、珍しく服の話をしようと思います。
あ、服の話ってしてなかったわけでもないですね。 

mayflower81.hatenablog.com

 結構この記事、私のブログの中では読まれているほうの記事でしょうか。
少々(いや、かなり)ふくよかな私がワンピースを着ていると「おめでた?」と言われてしまうので、着るだけでそれなりに決まって楽ちん、さらに締め付け嫌いの私にはもってこいのアイテムですが、着ていく場所を選ばないと着れない「鬼門」的なアイテムと化してしまいました。でも、もしかして「工夫次第で”妊婦さん”に見えない方法ってあるかも!?」と思って書いた記事…だったかと思います。

 

 

まぁ、気を付けていても本人の雰囲気や状況(結婚してまだ日が浅いなど)とかで「おめでた?」と言われたりすることはありますけどね……もう私の場合は結婚して4年以上にもなりますから「ああこの人たちに期待しても無駄だ」という感じにもなりつつありますがね。

 

 

それに夫も、そして私ももうすぐ「今から頑張っても高齢なんで、年にクルマ一台分の治療代がかかりますし…」と言い訳できる年齢になりました。年を取るってネガティブにとらえられがちですが、こういう言い訳ができるという点では悪いことばかりではないかと思います笑

 

 

さて、話がそれましたが、冷えとり健康法をやってから締め付けがさらに苦手になり、素材も「ああ綿100%っていいなぁ」「夏はやっぱ綿麻がいいなぁ」と感じるようになりました。「それが絶対!」というほどではないですが(化繊の服でも気に入っているものはある)、やはり身に着ける洋服の素材は気にするようになりました。

 

 

でも、なんとなく冷えとりを実践されている人の雰囲気から「こういうおしゃれなコットンやリネンの服って痩せてる人しか着られないんだろうな…」と思っていました。今はやりのガウチョパンツ(むしろスカーチョのほうが流行ってる?)も「いいなぁ」と思いつつも手が出せませんでした。

 

 

が、ある時ワイドパンツが欲しくてあれこれ検索していたらなかなかよさげなお店を見つけました。楽天なのですが、「aha*aha」さんというお店です。

item.rakuten.co.jp

お店の商品を見てみると、コットン100だったり、春夏ものなんかはコットンとリネンのものだったりして、カラーバリエーションもあって値段もリーズナブル。こういう系統のファストファッションだと私が知っている限りではしまむらにある「シャンブル」しか思いつかなかったのですが、シャンブルはしまむらよりもちょっと割高感があるように思っていました。とはいっても、「リンネル」「大人のおしゃれ手帖」とかに載っているような服とか普通に万の単位だったりして「ええっ?!これがこの値段?(悪い意味で)」だったりして手が出せないなぁ~と思っていました。

 

 

ワンピースももちろんですが、サルエルパンツ、ガウチョパンツもあり、先日私はコットンとリネンのガウチョパンツとUVロングカーディガン(綿100)を購入しました。