読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

piantinaの日記

日本のとある教会で弾いてるオルガニストの毒にも薬にもならない戯言

【更新、タイトル変更】紅葉狩りドライブに行ってきましたのでいろいろまとめてみます。―関東で最も遅い紅葉スポット・千葉南部―

日記 レポート系

みなさんこんにちは、Piantinaです。お題「紅葉2016」というお題がありましたので、リンク付きの記事にします。


昨日は近くの有料道路などを通っていて山が色づいてきているので「そろそろちょうど紅葉狩りに行くのにちょうどいいかな?」と思い、紅葉狩りドライブに行ってまいりました。関東で最も遅い紅葉スポット、千葉のローカルなお話です。

 

コースとしては、出発(館山市の市街地)国道128号線→国道410号線→長狭街道→富津・もみじロード→国道465線(?)→君津・濃溝の滝→国道465号線→養老清澄ライン→粟斗(あわと)温泉→帰宅
という感じです。ざっくり。

 

昨年は鴨川に出て養老清澄ラインで四方木不動の紅葉を見てからさらに道を進めて富津のもみじロードを抜けて養老渓谷方面へ行ったような感じがします。さらに一昨年は紅葉狩りに行ったらおなかを冷やしてしまって大変な目にあいながら帰ってきました。

 

君津・濃溝の滝

f:id:mayflower81:20161128175347j:image

f:id:mayflower81:20161128175556j:image

f:id:mayflower81:20161128175625j:image

f:id:mayflower81:20161128175644j:image

君津市(といっても内陸の方に入ったところですが)に片倉ダムというところがあります。近くには亀山湖(亀山ダム)があり(亀山湖に関しては詳しいことは後述)、比較的山でダムなどが隣接しているような感じで、さらには里山の風景なども残っていて「東京からわずか車で1時間ちょっとでこんな田舎の風景が味わえるなんて!」という感じです。

 

 

いちいち遠くに行かずともすぐに「もしかしてこの辺り、江戸時代から風景が大して変わってないんじゃないかな?」というところがたくさんありますので、そういう風景が見たい人にはぜひぜひ千葉県の内陸側の国道400番台の道をドライブしてみることをお勧めします。「…え、ここ、関東だよね!?首都圏だよね!?」という感覚に襲われるかもしれません。

 

 

で、この「濃溝の滝」ですが、今年の夏ごろでしょうか、一枚の奇跡のような写真がネット上で「ジブリの映画に出てきそうな風景!」ということで非常に大きな話題になり、新聞などのメディアでも取り上げられるようになりました。私も話題になってから「ああこういうところなんだ」という感じで知りました。しかもそのあたりというのはどちらかというと木更津や君津から鴨川を経由して館山方面に帰るときにまず鴨川を目指して走るところで「通り過ぎるところ」という感覚の場所でした。

 

 

ところが昨日、月曜日で思いっきり平日にもかかわらず多くの人がこの滝の写真を撮ろうと訪れていました。この片倉ダムの手前に道の駅があるのですが、道の駅を超えたらすでに渋滞が始まり、車がなかなか動かない状態でした。さらにはバスツアーと思われる観光バスが何台もやってきていました。こんなに人が来るところなんだ!という驚きでいっぱいでした。

 

 

で、一応写真は撮ってみたのですが、いくら場所が素晴らしくても、機材と装備、そして一日の時間の中でのタイミング(おそらく早朝がベスト?)などのいろんな要素が絡み合って「奇跡の一枚」が出来上がるんだなぁと思いました。それにしてもすごい人、人、人。人を見に来たような感じでした。

 


f:id:mayflower81:20161128175657j:image
このラーメンは濃溝の滝を出て、ちょっと車で走ったところにある「片倉ダム記念館」館内にある「旨蔵」というラーメン屋さんのラーメンです。豚骨味噌ラーメン、780円。おいしかったです。ただ!このラーメン屋さん、11時~14時までしか営業されていません!営業時間が短いですのでお気を付けください(げんに私たちも13時過ぎにお店に入ったのであぶないところでした)。

 

 

亀山湖

f:id:mayflower81:20161128175709j:image
この猫ちゃん(おそらく生後半年は過ぎてる感じだけど成猫じゃない)がすりすりすり寄ってきてかわいかったです。さすがに連れて帰れませんでしたが。


f:id:mayflower81:20161128175728j:image
f:id:mayflower81:20161128175737j:image
さきほどの片倉ダムから車で10分~15分ほどのところに「亀山湖」があります。この亀山湖は我が家の紅葉狩りドライブの「ド定番」というところでもあり、もちろん紅葉も見れるポイントでもあるのですが、なによりそこの「長崎キャンプ場」には猫がたくさんいるのです!しかも超人懐っこい。うん、どっかのももさんという猫なんかよりぜんぜんすり寄ってきてカワイイです。

 

 

最初(2012年)に来たときはもっとたくさんの茶トラ家族くらいの感じで茶トラやミケの猫がいっぱいいて、大学生くらいのグループがちょうどバーベキューかなにかをしているところに猫ちゃんたちが群がっていました。茶トラちゃんの一匹が私の膝に乗っかってきてくれてびっくりしました。去年かおととしには子猫ちゃんがずっとくっついて歩いてあまりにもかわいかったので連れて帰りたいくらいに思っちゃいましたが、さすがに我が家にも猫がいて、しかもあまり社交的じゃない猫なので遠慮しました。もう本当~にかわいかったのです!

 

 

それ以来(!?)紅葉狩り亀山湖に行くとどうしてもこの長崎キャンプ場というところは外せないポイントになってきています。ただ、年を追うごとにどんどん猫ちゃんたちの数が少なくなっていっていますので、猫ちゃんはもらわれていったり、もしくはご近所の方、地域の方などが避妊・去勢手術などをしているのかもしれません。

 

 

 

粟斗温泉


f:id:mayflower81:20161128175749j:image

鴨川の秘湯(?)粟斗温泉。実はこの粟斗温泉そのものはかなり前に「房総の滝を撮りに行く」ドライブをして、最後に来たのがこの温泉の近くの滝でした。その時に「ああこんなところに温泉があるのだな」と思ったのでしたが、たしかその時はまだ暑かった時期だったかと思います。とても「温泉に入ろう」という気分にもならなかったので、そのまま帰ってしまいましたが、今回は土曜日曜といろいろバタバタして疲れたのでどこかで温泉にでも入ろう、というのがあったので、この「粟斗温泉」に行くことにしました。

 

 

お風呂に入るのは大人一人1100円です。
湯治場という感じで、和室の休憩室とお風呂がありました。
お風呂はそれほど熱くもなくまぁ入れるなぁという温度でしたが、なにより疲れた身体には「首までお風呂に浸かれる」というのがありがたかったです。やはり温泉だな、と感じたのはお風呂を出てからもぽかぽかと身体が暖かい。ユニクロのブラトップにホッカイロを貼っていましたが余計に熱い感じでした。

 

 

おトイレが近いあなたのためのポイント

まぁ私は何度もこのブログに書いている通り(?!)トイレが近い人間です。もう最近では隠すことでも何でもないかな~と思いいろんな人に「私、頻尿なので、トイレ近いんで」と言いまくっています(笑)女でよかったと思うのは「トイレ近い」と言っても「ああ、冷え性とか膀胱炎持ちとかで女性でトイレ近い人多いよね」と思ってくれるのでラクです。

 

 


が、昨日は比較的1時間に1回くらいで、車内であまりパニックにもならなかったように思います。紅葉スポットというとともするとなかなかトイレが混雑していたり、トイレがなかったりでパニックになることもあるかと思います。気を付けたポイントをお話しします。

 

  • 車に乗るときの椅子の座り方に気を付ける
  • 身体は冷やさない!おへそと恥骨の間あたりとお尻に貼るタイプのカイロを貼る
  • 頓服などがあればホットのお茶でさっと飲めるように
  • 水分を取りすぎない、カフェインレスの飲み物を飲むようにする。

 

の3つです。特に最初の椅子の座り方。これはどちらかというと女性のほうが効果があるかもしれませんが、車のシートに座るときに「骨盤の下にある”坐骨”が当たるように座る」のがポイントです。もともとはむくまない座り方なのですが、私には車でそういう風に座っているとあまり「トイレ、トイレ」とならずに済んでいます。なんでだかメカニズムはわかりませんが。必要な場合は雑貨店やお店でクッションや座布団などを活用してみてもいいかもしれませんね。

 

 

お腹とお尻のカイロを貼るのはもう「寒くなったな」と思ったらよくやっていることなのですが、紅葉を見に行くときは案外自分でも気づかないうちに冷えています。で、おへそと恥骨の間あたりにツボがあるらしくそこに当たるようにまず1枚。お尻は仙骨のあたりに当たるように1枚貼っておきます。トイレに入ったときに落とさないよう気を付けてください!(必要なら予備ももっておくといいかも?)

 

 

あとは、コンビニに停まってもらってホットのお茶を買いました(トイレも借りました)。最近では漢方を飲んでいるので冷たい水よりもホットの飲料のほうがいいかな?と思ってそうしました。お出かけする予定があらかじめ分かっていたらかかりつけのお医者さんなどに相談して「頓服薬」を処方してもらうのも手です。あとは思い込みですがなんとなく「ホットのほうがすぐ溶けてすぐに身体に回るのでは?」と思ってそうしています。私の場合は出かけるときは一応頓服や抗不安剤なども持ち歩いています。

 

 

※2016年11月29日にアップした記事ですが、2016年12月1日に加筆・修正等をさせていただきました。