読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

piantinaの日記

日本のとある教会で弾いてるオルガニストの毒にも薬にもならない戯言

今日も洗濯物監視員―私は除湿機が欲しいっ!―

みなさんこんばんは。やっとこさ金曜日ですね。
…といってもうちは週末が忙しいので「週末=休み」というのは独身時代くらいでしょうか。

f:id:mayflower81:20150417155539j:plain

さすがにこれだと監視のしようがないですが。

 

 

今日も晴れていたのが急に空が暗くなったので、たとえ乾ききっていなくても家の中にしまってしまおう!ということでお昼前にしまってしまいました。それまではこのブログの記事を書きながら洗濯物が強風で倒れたり飛ばされないか監視していました。厚手のものはまだ湿っていましたが、下着やフェイスタオルなどはほぼ乾いていました。2~3時間くらいしか外に干していないのですが、この時期でコレだけ乾くということは、やっと「礼拝のある日曜日の午後に洗濯物をして夕方にしまうときには乾いている」ということになりそうです。暖かい(暑い?)時期限定でそういうことをしています。

 

 

「そんな、たかだか洗濯物ごときに大げさな」と思われるかもしれませんが、私の住んでいるあたりというのは非常に風が強いところでもあります。市内にはコインランドリーが随所にあり、風力発電もしています。最初はコインランドリーに関しては「これは漁師さんが使うのかな」と思っていましたが、いざ、コインランドリーに行ってみると普通の人が使っています。毛布などを乾燥機に入れている人も見かけました(そういえば、そろそろこたつのカーペットと毛布をコインランドリーに持っていこうかと考え中。猫臭いだろうから洗濯も乾燥もやらないといけないかな)。もちろん普通に洗濯物を乾燥機に入れている人もいました(家族全員分だと1日洗濯できなかっただけでも相当な量になりそうだ…)。

 

 

でも、たかが洗濯物、されど洗濯物。どうやら私のように「風の強い地域に住んでいる」というだけでなく、近頃では「マンションの景観上洗濯物が干せない(タワーマンションなんかそうですかね?たまに高速バスから見て「あれ、ベランダがないよ?」というタワーマンションを見ます)」「防犯上洗濯物が干せない(これはなんとなくわかります)」という理由で「ベランダに洗濯物を干す」「洗濯物は風に当てる」ということがなかなか「できないケース」が多いようです。

 

 

ちょっと記事が見当たらないのですが、「室内干しのための除湿機」が紹介された記事をどこかで見て「うわぁ…コレ欲しい!夏のボーナスで買ってくれないかなぁ…」と思ってしまいました(でも夫は旅行に行きたいようなので「冬考える」と言って没になりそうな予感)。仮にまた異動になってもなんらかの事情で「室内で干す」ことが出てきてしまうのではないかと思うのです。全国規模での転勤はないのですが(あってもレアケース)、転勤の可能性のあるところは「冬は雪で閉ざされる」ところもありますし、今以上に風の強いところも入っています。