読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

piantinaの日記

日本のとある教会で弾いてるオルガニストの毒にも薬にもならない戯言

大腸内視鏡検査を受けた話―後日談と書ききれなかったこと―

みなさんこんにちは、Piantinaです。
先日、大腸内視鏡検査を受けてまいりましたが、とりあえず「異常なし」で済んでほっとしてはいますが、前回の記事で書き忘れていたことや後日談を書いていきたいと思います。

 

mayflower81.hatenablog.com

 

f:id:mayflower81:20150627104834j:plain

鎮静剤を打っているので、検査のあとは運転(自転車も!)禁止

これは、おそらく前の記事でもちょっと書いたかと思いますが、大腸内視鏡検査を受けるにあたって腸の動きを止める薬を注射されます。人によっては鎮静剤を打ってもらっている人も居ます。ですので、内視鏡検査のときはちょっと遠い人は公共交通機関(電車・バスなど)を使って病院に行くか、家族に運転してもらって病院に行くようにしてください。どうやら「お酒を飲んだ状態」と同じような感じになるようです。そもそも体力的にもハードな検査でもありますので、そんな気力残っていませんけど…。

 

その日はシャワーで軽く流す程度で

内視鏡検査でポリープなどをその場で取ってもらっている場合は特にそうなのですが、入浴や激しい運動は厳禁です。身体を洗ってはいけないわけではないですが、お風呂に長時間浸かるのも禁止です。いつもは38度のお湯で30分浸かっている私もこの日はシャワーだけにしました(そもそもお風呂に入る体力が残っていないというのがありましたが笑)

 

次の日も多少軟便・下痢になりやすい

どうやら、検査前に飲んだ洗浄液は、トイレに行っても、検査で空気を入れて出してもらっても、まだまだ腸の中に残っているようです。ですので、「しばらくは軟便や下痢の状態になります」と病院から渡された注意書きに書いてありました。あと空気を入れているそうでけっこうオナラが出るようです(食事中の方、ごめんなさい)。オナラはあまりしなかったのですが、まだ内視鏡を入れた辺り(横行結腸あたり?)が痛みます。これは個人差があるかもしれませんが、こういうこともある、ということで知っていただければと思います。

 

 

こんなところが、大腸内視鏡検査のあとに気をつけて欲しいところです。
状況が許される場合は次の日も休んだほうがいいかなと思います。

 

 

しかし、腸の洗浄、でちょっと思い出したのが、昔、イギリスの故ダイアナ妃がチャールズ皇太子と離婚する際に、「ダイエットのための腸の洗浄代」みたいなのも請求していて、「へぇ!腸も洗浄するのか~!」と子どもながらに驚いた記憶があります。実際腸の洗浄をしてみましたが、想像していた以上に洗浄液を飲むのはきついです(トイレに行くとだいぶ楽になってきますが)。

 

 

私はほぼ時間通りに1時間で1リットルの洗浄液をなんとか飲み、そのあと500ミリリットルの水を飲んで普通に出て、だいたい2時間~3時間くらいで「検査可能」な感じになりましたが、人によってはもっと時間がかかる人も居るようです。前の記事の60代の方は私よりも2時間近く前から洗浄液を飲み始めていたようですから、その人の体調にもよるのかなと思います。

 

 

とはいえ、やっぱり検査後の解放感はたまりませんでした!とにかく前日から食べるものが限られていて、その日の朝は絶食なわけですし、さらに待ち時間もあったりしてけっこうしんどかったのですが、まさに「お腹が空っぽ」状態になるわけですから、「うぉー!何でも食べられる!!!」という感じです(でもポリープ取った人は気をつけてくださいね)。