読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

piantinaの日記

日本のとある教会で弾いてるオルガニストの毒にも薬にもならない戯言

腎臓の毒出しと真冬のお出かけはこれ!

日記 冷えとり 健康 思ったこと

みなさんこんにちは、Piantinaです。
今は小寒、一年で最も寒い季節に入っています。暖冬暖冬と言われ、事実温かいので油断していたところにやはり寒の入りあたりからぐっと冷え込んで「やっぱり寒いなぁ」と思うようになりました。これは風邪を引かないように気を付けなければ。

 

Piantina流・真冬の「冷えとりガチ固め足元ファッション」


f:id:mayflower81:20160116133600j:image 

写真を解説しますと、

*レギンス:シルクふぁみりぃフェンネル&エルダーフリーボトムス

*靴下:1枚目絹ウール5本指靴下フィットLサイズ、2枚目~6枚目ワイルドシルク冷えとりセット、7枚目重ね履き用ウール100%靴下(いずれもすべてシルクふぁみりぃ)8枚目去冬アロマブルームで買った分厚いカバー靴下(3足1000円だったはず)

*レッグウォーマー:クィーンウールレッグウォーマー(シルクふぁみりぃ)です。

 

以上、ガチガチに固めまくってます。さらに下腹とお尻にカイロまで貼っていましたので、これでいつもの頻尿は鳴りを潜め、1時間くらいはトイレに行かなくても車に乗っていられました。これにひざ掛けなんかあるともっと良かったかも?まぁいつか購入する予定。

 

 

腎臓の季節もあとちょっと

あともう少しで「冬の土用入り」になり腎臓の毒出しの季節は終わるようですが、腎臓の毒出し、なかったかというとけっこうありました。婦人科系統にも毒がまわったりしてリズムは狂うわ、もう治ったかと思っていた下血も復活(正直素直に喜べない)。これは去年の6月に大腸内視鏡検査をして「がんでもなければ潰瘍性大腸炎でもありません!」とお墨付きをいただいたので、明らかに痔、というかまぁ血便も腎臓の毒が大腸にまわって出るそうですから、「ああ、毒出しだね」と思うだけです。気分はあまりいいものではないですが…あとは精神的にはビクビクオドオドしてパニック障害になりがちだそうですが、パニックもありました。また反対に「ああだるい」と思う時もありました。これもどうやら腎臓の毒出しだそうです。こう思うと「案外、腎臓も毒たまってたんだなぁ」と思えてきました。

 

 

正月中はなるべく食べすぎないようには気を付けていましたし、おそらく例年に比べれば「量としては食べてない」と思うのですが、とはいってもきちっと節制した食事内容ではなかったですし、結構豪勢なものを食べていた、といえば食べていました。その分はがんばって半身浴の時間をたくさん取ったりしていたわけですが、どうやら先日発売された「an・an」のぬくぬく大作戦では「効率よく温まるには40度前後のお湯で全身浴20分」が推奨されていました。それ以上入ると肌が乾燥することもあったり、脱水になったりするそうです。さらに半身浴では温まるのに時間がかかるそうです。

 

 

ちなみに冷えとりをする前は「40度のお湯で30分全身浴」でした。ちなみに冷えとりでは「38度のお湯で半身浴最低20分、長ければ長いほどいい」とありますので、まぁ20分がボーダーラインなわけなんだなと勝手に解釈(苦笑)40度で肩まで入る方式は冬の間はなんとなくいいかもと思い始めたので、寒いうちはちょっとそうすることにします(やはり38度で長時間の半身浴はそれはそれで肩が寒くなる)。

 

 

さらには半身浴のお供、OTTAVAの番組の放送時間が早く、そして短くなってしまったので、お風呂で聴くとどうも中途半端な感じがしてくるのです。それだったら9時に放送が終わるわけですからそれまでお風呂に入らないで聴いていればいいかなとも思うのですが、ちょっとそれはまだ工夫が必要です。まぁ夜の番組はほとんど聴けないかも?そのぶん朝と午後しっかり聴くつもりですが。

 

 

そんなわけで「寒」の季節、いよいよ冷えとりも気を抜かずにしっかりやらないとなぁと思っています。さらには春の肝臓の毒出し、「春の毒出しシーズン」が待っていますから(肝臓は確かに脂肪肝を指摘されていますし問題ありなので冷えとりみっちりやったらドシドシ出そう…)!